2017年2月16日木曜日

macOS Sierra にしたら Macbook Pro がオーバーヒート

概要

人柱になるべく Macbook Pro を macOS Sierra にしてみたら、左手首を置いている場所あたりが熱くなりました。Marvericks の時はこんなことはなかったのに。。。
原因は、キーチェーンを iCloud と同期するための secd というプロセスでした。
解決法は、iCloud とキーチェーンを同期する、もしくは、iCloud を Mac と連携させないのどちらか。

ハードウェア

  • マシン: Macbook Pro Early 2011
  • OS: macOS 10.12 Sierra
  • メモリ: 16 GB
  • ストレージ: SSD 512 GB

マシンが熱い

OS をアップグレードして以降、冷却ファンが頻繁に音を立てて稼働し、トラックパッドの左側が、熱くなりました。バッテリー消費スピードも倍以上。
これはいかんと、Mac に標準装備されているアクティビティモニタで CPU の使用状況を調べてました。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201464

secd プロセス

アクティビティモニタを見ると、secd というプロセスがトップにきて、CPU を酷使していました。Google で secd を検索すると以下が表示されました。

http://yukidarake.hateblo.jp/entry/2015/07/01/194315

上記サイト記事に従って、キーチェーンアクセスを開いてみたのですが、「キーチェーンファーストエイド」というのを見つけられませんでした。
macOS Sierra のキーチェーンアクセスアプリには「キーチェーンファーストエイド」がなくなってしまったのかな、と少しばかり途方にくれました。

discussions.apple.com に解決のヒントが

再度、Google で検索すると、私と同じような症状を訴える英語の投稿 ( discussions.apple.com )と解決方法にたどり着きました。

Macbook Pro overheating because Mac OS Sierra

要約すると、質問は、
アップグレードしたら、めっちゃ熱くなった
という内容。
それに対する回答は、
アクティビティモニタで確認すると secd が CPU 喰ってませんか。私は、Sierra をインストールするときに iCloud とキーチェーンを同期する設定を拒否したのですが、愛用する Macbook Air が、強く、強く、同期してと迫りました。。。
そういえば、私も Sierra をインストールするときに iCloud とキーチェーンを同期しなかったです。

iCloud とキーチェーンを同期

システム環境設定 -> iCloud


キーチェーンを選択。


Apple ID やパスワードを聞かれたら入力し、画面の指示に従う。
このあたりの操作は以下を参照。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204085

iCloud を使用しないというソリューションも

iCloud と連携する必要性を感じなければ、サインアウトしてしまうという方法もありです。


このやり方でも secd プロセスが走らなくなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿